お知らせ

2023年 お知らせ

セガ、さまざまな「生きづらさ」を抱える子ども・若者を支援する品川区の事業に協力
『セガぷよぷよプログラミング講座&セガ本社見学会』を実施

企業

株式会社セガは、東京都品川区が実施する不登校や引きこもりの子ども・若者を支援する事業に協力し、2023年10月から12月の間で3回にわけて『セガぷよぷよプログラミング講座&セガ本社見学会』を実施いたします。

『ぷよぷよプログラミング』01
『ぷよぷよプログラミング』02

プログラミング講座は区内の支援施設にセガの社員と講師が赴き、セガが無償で提供しているプログラミング学習教材『ぷよぷよプログラミング』を活用してソースコード入力を学ぶ講座です。
品川区に協力した本取り組みは2022年度にトライアルとして実施しました。2023年度は、上期(6月~8月)に続いて、下期(10月~12月)にも実施する予定です。これまでの参加者やそのご家族からは「eスポーツのプロの方にプログラミングを教えていただきとてもいい経験になった」「学校に行っていない時間に外に出るきっかけにできて嬉しかった」などの感想がありました。
今年度は、「基礎編」「改造編」に分けて2回で実施します。講師には日本eスポーツ連合公認のぷよぷよプロプレイヤーで、システムエンジニアの経験もある”ぴぽにあ選手”をお招きし、プログラミング講座に加えてeスポーツ選手のお仕事についても紹介してもらいます。
3回目には、品川区内のセガ本社に参加者をご招待し、動画配信スタジオ「SOZO STUDIO」や、会議室・社員食堂など社内の様子をご紹介いたします。普段は入ることのできない施設へのご案内を通して、会社見学を体験していただきます。

セガは本社が所在する品川区において、これまでにも『ぷよぷよプログラミング』を活用した出前授業を行うなどの教育支援を行ってまいりました。品川区立の小学校にてプログラミングの特別授業を実施したほか、2022年の夏休みには品川区が主催する『ぷよぷよプログラミング講座』をセガ本社にて開催しています。この度の取り組みも、エンタテインメントを通した地域社会への貢献として実施するもので、今後も積極的に取り組んでまいります。

品川区による子ども・若者支援の取り組み

品川区では、子ども・若者の支援拠点として居場所づくりと学習支援を実施しており、区内に活動支援の拠点を設けています。施設には専門性をもつスタッフが常駐し、不登校やひきこもりなど、さまざまな「生きづらさ」を持つ子ども・若者とその家族を応援しています。

品川区ご担当者コメント:

このプログラミング講座では、プログラミングを活用して、子ども・若者同士がコミュニケーションを深めることや学ぶ意欲を高めることを目的としています。eスポーツ選手を講師として、毎回、子どもや若者が楽しく参加しています。今後も事業に協力いただき、子ども・若者支援の充実を図っていきたいと思います。

『セガぷよぷよプログラミング講座&セガ本社見学会』概要

『ぷよぷよプログラミング』03
第1回(2023年10月開催予定):
セガぷよぷよプログラミング講座(基礎編)
  • プログラミング講座(ぷよぷよを作ってみよう)
第2回(2023年11月開催予定):
セガぷよぷよプログラミング講座(改造編)
  • 著作権/ネットリテラシー説明
  • プログラミング講座(オリジナルぷよぷよの制作)
  • eスポーツ選手のお仕事紹介
第3回(2023年12月開催予定):セガ本社見学会
  • セガ本社内撮影スタジオでの映像配信体験
  • セガ会社見学
  • 記念撮影

『ぷよぷよプログラミング』とは

『ぷよぷよプログラミング』04

『ぷよぷよプログラミング』は、アシアル株式会社が提供するプログラミング学習環境『Monaca Education』において、「ぷよぷよ」のソースコードを書き写す作業(写経)を通して、プログラミング学習できる教材です。1,000以上の教育機関で利用されている『Monaca Education』は、クラウドサービスのため教育現場での導入や運用が簡単で、インターネット環境があれば既存PCやタブレットによる学習や指導が可能です。2020年6月の提供開始以来、登録者は200,000人を突破しています。

公式サイト

  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

PAGE TOP