株式会社セガ -【SEGA Co., Ltd.】

SENIOR EMPLOYEE

先輩社員インタビュー

アミューズメントゲーム プランナー 荒堀 和明

これまでやってきた仕事と今の業務内容を教えてください。

過去経験したプロジェクトでは、仕様の作成と実装確認、敵配置データの作成、ゲーム難易度調整などを中心に業務にあたってきました。今はメインプランナーとして、各セクションリーダーと相談し、開発スケジュールの設定や調整、配下プランナーのタスクや進行スケジュールの管理、運営スケジュールの原案作成や調整を中心に業務を行っています。仕様作成などのゲーム内容に直接関わる業務は、過去に比べると割ける作業時間が減りましたが、自分がやりたい仕事でもあるので、できるだけ時間を作って対応しています。

仕事をやっていて喜びややりがいを感じるのはどんなところですか。

自分の開発したゲームを遊んでいる姿を見られるのはアーケードならではだと思います。プレイをして笑顔になっているお客様を見ると、とても嬉しいです。また、アーケードゲームでは一回のプレイの満足感や、もう一回プレイしたくなる要素、明日もゲームセンターに来たくなる要素が重要で、細かいところにも気を配って作るよう心がけていますが、そういったことが実って熱中してゲームをしているお客様の姿を見ると、この仕事を選んでよかったと感じます。

セガ グループで達成したい夢や野望、将来の目標は何ですか。

昔からトレーディングカードゲーム(以下、TCG)が好きで、今でもよくプレイしています。私が入社したころはアーケードTCGの黎明期でしたが、現在はアーケードゲームの定番ジャンルになりました。将来は従来の枠に捉われないアーケードゲームの形を模索して、新たなジャンルを創造することが最大の目標です。そこに大好きなカードゲームの要素を入れられたらいいなと思っています。

セガの職場の雰囲気ってどんな感じですか。

ゲームやアニメ好きが多いので、普段は和気あいあいとしていますし、あのアニメのここが良かった、このゲームのここがもうちょっと・・・的な話題がよくあります。開発スケジュールがきつくなり、ピリピリすることもありますが、みんなで面白いゲームを作ろう!ユーザーを驚かせよう!という根の部分は変わらないので、チームで一丸となって目標に向かうその推進力はいつもながら驚かされます。

学生の皆さんに向けて一言メッセージをお願いします。

ゲームやそれに関連する、作りたいものや、やりたいことがあれば、セガには、それを実現するための仲間、や強力にバックアップする環境があり、それを叶える力があります。アーケードゲームはライブ感が強く、最近では大会やイベントなど、様々な部分で、盛り上がりを肌で実感することができます。自分の強みを活かしてやりたいことを見つけ、私たちと新たな感動体験を創っていきましょう!