株式会社セガ -【SEGA CORPORATION】

SENIOR EMPLOYEE

先輩社員インタビュー

プランナー PCオンライン
ディレクター
吉岡 哲生

【インタビュー動画】

未経験アルバイトから、100人以上の部下を抱えるディレクターに

私は、現在『ファンタシースターオンライン2(以下PSO2)』シリーズのアイテムパートのディレクターを担当しています。アイテムパートとは、ゲーム内のコスチュームや武器、防具、アクセサリーといったアイテム全般の作成を担当する部門です。
2012年から配信されている「PSO2」シリーズは、セガの中でもトップクラスの開発規模で運営されているタイトル。私自身も入社前はユーザーとして楽しんでいた側でした。

中途入社後は、今の担当につながるアイテムパートで、アイテムの作成から始まり、コンテンツ作成やレベルデザインといった分野を担当しました。それらの業務のなかで、自分のユーザーとしての経験を活かした意見出しや、各パートとの積極的なコミュニケーションを認めていただき、入社4年目で複数のパートをリードするメインプランナーに就任。6年目には、「PSO2」エピソード6のディレクターとしてプロジェクトを総括する大役も任せていただきました。

セガに入社する前の仕事は薬剤師でしたが、大学時代から「PSO2」のプレイヤーとして、「自分だったらこう作りたい」、「ここをもう少し修正したい」といった気持ちが強くなり、思いきってアルバイトとしてセガへの転職を決意しました。アルバイトでも責任のある仕事を任せていただけたり、頑張りや成果に応じて色々な業務やポジションを任せていただけたりすることは、セガの魅力の1つだと感じます。

コンテンツの最後のクオリティを担う責任とやりがい

「PSO2」は大規模なプロジェクトであるため、たくさんのプランナー、プログラマ、デザイナーと話し合いを重ねながら、1つのものを作り上げる必要があります。メンバー全員が納得した上でコンテンツを作っていくのは大変ですが、多くの方が関わることによって、当初考えていた企画よりもずっと良いクオリティのコンテンツができることも多くあります。

私が担当しているアイテムパートは、各コンテンツに対する報酬の設定も担当しているので、コンテンツが良くてもそれに対する報酬が悪かった場合、コンテンツ自体の評価を下げてしまうことも起こりえます。自分達のパートがコンテンツの最後のクオリティを担うパートであるということを、日々意識して業務に当たっています。

様々な相談や調整を重ねたコンテンツを、プレイヤーに楽しんでもらうことも嬉しいですが、SNSなどを通じてプレイヤー同士のコミュニケーションへ繋がっている時は更に嬉しいです。特に、プレイヤー同士で意見を言い合ったり、すごく良いコンテンツを発信するとSNSのトレンドに並んだりすることもあるので、それを目にしたときは大きなやりがいを感じます。面白さが個人の体験に留まらず、周囲の人と共有していただけるということは、ゲームを開発する上での1つの目標であると考えています。

ポジションや雇用形態にとらわれず、挑戦できる環境で

セガでは、ポジションや雇用形態にとらわれず、積極的に組織やコンテンツについて意見を発言することができます。どんな人の意見でも無下にはせず、良い意見であれば反映してもらえるので、私も常に改善点や問題点を意識して、意見をどんどん発信するようにしていました。

また、新しいことに挑戦しやすい環境が整っている点も特長だと思います。例えば、プランナーの場合は、企画原案の募集が定期的に行われています。もちろん最初は、意見や企画について先輩社員が丁寧にヒアリングするなど、サポートも手厚いです。そういった実績を積み、適切に評価していただくことによって、キャリアアップや昇格していくことができます。

セガでは、先輩社員のサポートを受けながら、色々なことに挑戦する機会がたくさんあります。ぜひセガに入社していただき、自分の意見をどんどん発信し、その実現に向けて積極的にコミュニケーションをとっていただきたいと考えています。

SCHEDULE

10:00 始業。メールチェック・1日のスケジュールを確認。

10:30 開発環境でのプレイ確認会。実際のゲームプレイに近い形で実装物をチェック。

12:00 ランチ。社食やキッチンカーを利用。ゲームをしたい時は、自席で軽食片手にゲームをすることもあります。

13:00 オンライン昼礼。連絡事項・配信状況・スケジュールを確認し、1日の目標を設定。

14:00 配信計画の打ち合わせ・実装物の発注。

17:30 班員の進捗確認・スケジュール調整。

18:00 仕様書と実装コンテンツのクオリティチェック。

19:00 翌日のタスクを書き出して退社。帰り道に書店で書籍を調達し、自宅では読書を。