株式会社セガ -【SEGA Co., Ltd.】

SENIOR EMPLOYEE

先輩社員インタビュー

PCオンライン デザイナー 鶴岡 希美

自分なりの表現とこだわりで、リアリティを追求。

『ファンタシースターオンライン2』の背景モデリングを担当しています。ゲームの世界観に基づいてつくっていくのですが、明確なアートの設定資料が細部まで仕上がっているキャラクターと違い、背景は大まかなコンセプトやテーマに基づいて、細部のディテールは背景モデラ―が構築していくことになります。資料を探したり、その世界での環境や風景、生活など想像をふくらませながらリアリティを追求していく。難かしさがあると同時に自分なりの表現ができる面白さもあります。
たとえば、背景に植物を入れたいときには、実際に植物園を訪ねて見学し、写真を撮ってきて反映させたりします。リアリティを出すためにはスケール感とか質感とか、実物を見ないとわかりませんから。そこまでこだわってリアリティのある背景がつくれたときにやりがいを感じますね。
きっと誰もわからないだろうなというくらい、かなり細かいところまでつくりこんだ部分をユーザーさんが気付き、こんなところまでリアルにつくってあるなんて…とSNSなどで驚かれたり、喜ばれたりすることを見つけるとうれしくなります。背景までしっかり見てくれるユーザーさんも多く、背景モデラーのこだわりがそのゲームのファン獲得にもつながると思いますので、今後も時間が許す限り、よりクオリティの高い表現を追求していきます。

チーム全員で、より良いゲームをつくる。

私は2017年に中途採用で入社したのですが、入社してまず感じたことは、コミュニケーションがすごく活発で、みんなで良いものをつくろうという意識の強い会社ということでした。セガのような大きな会社はプロジェクトの人数がたくさんいて、分業化された作業を淡々とこなしていくのかなと思っていたのですが、そうではありませんでした。ディレクター、プランナー、デザイナーなど、チームでさまざまなことを頻繁に話し合い、チーム全員一丸となってひとつのゲームをつくり上げていきます。
先輩に聞いたところ、良いものをつくろうという雰囲気は以前からあり、とくに大崎に移転してからは打ち合わせブースなどの設備が充実したため、いっそうコミュニケーションが密接になったようです。

また、担当業務以外の小規模な企画会議や勉強会なども活発で、誰もが参加しやすく、どんどん成長していける環境ですので私も積極的に参加していこうと思っています。

新規タイトルの企画段階から世界観を構築したい。

小さい頃から絵を描くこととゲームが好きで、ゲームに描かれる背景の美しさに惹かれてこの仕事を志望しました。映像系の仕事やゲーム制作会社を経て、前述したとおりセガに中途入社しました。
入社してすぐから『ファンタシースターオンライン2』に関わらせていただきました。セガでは、やる気を重視して抜てきしてもらえます。これからもいろいろなゲームに携わってキャリアを積み、新規タイトルの立ち上げに企画段階から関わることが今後の目標です。オリジナリティのある魅力的な世界観を構築し、ユーザーが実際に訪ねてみたくなるような世界を一からつくってみたいと思っています。

セガはみんなでより良いゲームをつくっていこうという、つねに前向きでチャレンジングな環境です。世界中の人を驚かせるような画期的なコンテンツをつくることも可能ですので、ゲーム制作に強い思いのある方はぜひエントリーをお待ちしています。一緒により良いゲームをつくりましょう。

SCHEDULE

10:00 出社してメールチェック、他チームのデータ確認。

10:30 デザイン作業。

11:00 プロジェクトメンバーとのミーティング。

12:00 会社の食堂で同僚とランチ。

13:30 背景班のミーティング。(進捗および問題点の報告など)

15:00 新しいメンバーへの指導。

15:30 デザイン作業。

19:00 終業。